利用すべき優良な映像制作会社の見分け方指南サイト

>

価格はどのように見ていけばよいのか

安いだけで選ぶのは危険

価格の安さに惹かれる方は多いので映像制作会社を検索すると価格が安いことを宣伝文句として出しているところが非常に多いです。
もちろん価格の安さというのは魅力的ですし、自分の思ったようなものが出来上がるのであれば安いにこしたことはありません。
ですが価格の安さということだけで選んでしまうというのはとても危険なことです。
良心的な会社で安くても、きちんとした仕事をしてクオリティの高いものを仕上げてくれるところももちろんありますが、そうでないところもあります。
著しくクオリティの低いものしか作ることが出来なかったり、きちんと担当者とやり取りが出来ないところもありますしオプションで当初提示されていた金額よりも遥かに高い金額になるということもあります。
価格の安い会社は必ず過去の実績や、どういった価格体系になっていて金額には何が含まれているのかきちんとチェックしてから依頼した方が良いです。

価格表示は明確になっているか

価格を比較する際に注意しなければいけないことは、提示されている金額の中にはどこまで含まれているのかということです。
映像制作には、映像を実際に撮影するということ以前に企画、演出、撮影場所の手配、編集など非常に様々な作業が必要になります。
見積りを出してもらった際に、その全ての作業がきちんと含まれているのかを必ず確認するようにしましょう。
もし含まれていないのであれば、追加で必要になる作業にはどれくらいの費用がかかるのかを事前に聞いておくようにすることをおすすめします。
また、編集の段階で修正を行うとその都度追加で費用がかかるということもありますのでそういった細かい部分まで明確に提示してくれるところを選ぶようにしましょう。


この記事をシェアする

トップへ